« 本体をさわってみた時の感想 | Main | とりあえずソフトをインストール »

サイズで犠牲になったもの

SL-A300のサイズは非常にコンパクトです。
しかしそのために犠牲になったものもあるようです。
たとえばACアダプタを本体につないで充電するには、SL-A300の端子に接続するアダプタ経由になります。
museaは直接本体にケーブルをつなげたので、
最初はちょっと戸惑ってしまいました。
それとステレオヘッドホン端子が2.5mmであるため、
一般的なミニプラグのヘッドホンは、そのままでは接続できません。
またスタイラスが短くて軽いため、ちょっと使いづらい感じがします。
でもクレードルが来ればそれで充電もできますし、
スタイラスはペンタイプのものを使用すれば問題ないでしょう。
MP3プレーヤーソフトが無ければヘッドホンもつながないし。
なによりA300の魅力はそのコンパクトさですね。

IMG_0253b

|

« 本体をさわってみた時の感想 | Main | とりあえずソフトをインストール »

「モバイル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8845/187510

Listed below are links to weblogs that reference サイズで犠牲になったもの:

« 本体をさわってみた時の感想 | Main | とりあえずソフトをインストール »