« 新W-ZERO3来た!? | Main | 搭載機能の引き算と足し算(HYBRID W-ZERO3) »

HYBRID W-ZERO3の方向性に納得

従来からのW-ZERO3ユーザの間では、フルキーが無くなったHYBRID W-ZERO3についての印象は賛否両論の様子ですが、ようやく冷静になった自分としての考えをまとめてみました。

Windows Mobile 6.5というOSの方向性を考えると、タッチ操作が優先だから画面サイズを大きくしないと使い辛い。
画面比率では既にワイド画面は標準的な考え方だから、ダイヤルキーを加えたストレートタイプでは長くなりすぎる。
対応策としてWILLCOM 03でトライしたイルミキーによるサイズ縮小アイディアは市場には受け入れられなかった。
そうなるとスライドで対応する解決策が最有力候補だが、ここでダイヤルキーとフルキーの2択を迫られることになる。
片手での操作を考えると大抵の使用シーンは縦持ちだからダイヤルキーを無くすことはできない。
結論としてフルキーの搭載はあきらめざるを得なかった。

開発の方々の気持ちを考えるとフルキーを無くすことは苦渋の選択だったと思うけど、現状市場の拡大が最優先課題であるWILLCOMの立場を考えるのであれば必然的な選択だと納得。
ユーザーの立場からしても、WILLCOM自体が無くなってしまったら選択肢どころの騒ぎではないし。
またDDIポケットからのユーザの心境としては、大手携帯キャリアとは違い、日本人が使うスマートフォンを真剣に考えてくれているWILLCOMの存在は大変貴重。

結論として、HYBRID W-ZERO3というWILLCOMからの提案は、自分としては十分に受け入れられるものです。
Bluetoothを内蔵してくれたおかげで外付けキーボードもさらに使い易くなるしね。

|

« 新W-ZERO3来た!? | Main | 搭載機能の引き算と足し算(HYBRID W-ZERO3) »

「モバイル」カテゴリの記事

Comments

両手持ちで画面を見ながら入力する場合に、10キーとQWERTYキーでは、操作に圧倒的な差があります。ダイヤルキーこそ画面表示して、必要ならBluetooth10キーで充分だと思います。
でも、勢いは無いけど買うような気にはなってますけどねェ。

Posted by: mumei7c | 2009.11.15 at 14:32

mumei7cさんはじめまして。
コメントありがとうございます。

たしかに両手持ちが前提であれば、HYBRID W-ZERO3の選択は残念な結果ですね。
自分としては通勤途中の利用が多いので、片手持ちのウェイトが結構大きいです。
テキスト打ちの観点からはやっぱり残念なことに変わりはないですが。

自分の中でも徐々に欲しい気持ちが増幅中です。(笑)

Posted by: MOKA | 2009.11.16 at 00:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8845/46765453

Listed below are links to weblogs that reference HYBRID W-ZERO3の方向性に納得:

« 新W-ZERO3来た!? | Main | 搭載機能の引き算と足し算(HYBRID W-ZERO3) »